【平野神社】桜満開!桜の名所・桜づくしの神社


平野(ひらの)神社

由緒

主祭神である今木皇大神(いまきすめおおかみ)は元々は大和国の神であり、

平安遷都延暦十三年(794)と共に平城京(奈良県)の田村後宮に祀られていたそうですが、

延暦13年(794)の平安京遷都に伴って、桓武天皇により現地に奉遷されたのが、

平野神社の創建と伝えられています。

のちに、久度大神(くどおおかみ)、古開大神(ふるあきのおおかみ)、

比売大神(ひめのおおかみ)が祀られました。歴代の天皇も行幸され、天皇家の崇拝も厚く、

また 源氏、平氏、大江氏、菅原氏などの公家の氏神にもなるなど

皇室にもゆかりのある由緒正しい神社です。

ちなみに創建当時の平野神社はなんと1.5km四方と、京都御所に匹敵する広さがあったそうですが、

長い歴史において戦乱で焼け落ちるなどして現在は、東西200m前後となっています。

御祭神とご利益

  • 第一殿:今木皇大神(いまきすめおおかみ)ー源気新生 活力生成の神
  • 第二殿:久度大神(くどおおかみ)ー竃の神 衣食住の生活安泰の神
  • 第三殿:古開大神(ふるあきのおおかみ) ー邪気を振り開(晴)く平安の神
  • 第四殿:比売大神(ひめのおおかみ)ー生産力の神

ご利益活力を与え幸せへと導く

境内散策

参拝したのは、桜花祭よりも数日前だったのですが、さすが桜の名所の桜シーズン

ものすごい人で賑わっていました。出店も立ち並んでいて、

足を踏み入れたが最後、流されに流されていく・・といった感じでした(苦笑

しかし、空を仰ぐと・・

空を覆い隠さんばかりの満開の桜

春をお腹いっぱい満喫できます。

参拝者の長蛇の列ができていました。桜シーズン真っ只中、本当に境内はすごい賑わい・・

ちなみに平野神社の御本殿は、国の重要文化財に指定されています。

第一殿と第二殿、第三殿と第四殿はそれぞれ空殿を挟んで連結する形式を採っており、

(つまり二棟4殿が建ち並ぶ形式これは平野神社独特の形式だそうです。

この独特の造りは『比翼春日造(ひよくかすがづくり)』と言われ、

また社名から『平野造り』とも呼ばれています。現在の本殿は江戸前期の再建であるとか。

拝殿の前(左側)にはとっても立派な御神木がありました。

何と樹齢400~500年だそうです。

御神木の前にあるのがこちらの『すえひろがね』

日本最大級の餅鉄(べいてつ)だそうです。

大楠(御神木)に触れながら木の周りを右回りに一周した後、

その下にあるこの『すえひろがね』に触れると鬼門・厄除け・源気成就

ご利益を授かれるとか・・!

賑わう桜茶屋

平野神社では3月25日~4月20日の期間限定で平野神社公認の下

4店舗が花見茶屋を出店しています。勝手にブルーシートを敷いてわいわいお花見・・

なんてことは出来ないのでくれぐれも注意してくださいね。

ちなみに神社での桜茶屋の予約も出来ません。予約は店舗のみで受付されています。

桜茶屋の営業時間やメニュー、値段などの質問は、直接各店舗にお問合せください。とのこと。

桜茶屋各店舗情報

■ひさご 【予約・問い合わせ先】(075-682-3001/ 090-7885-4078)

【公式HP】https://hiranojinja-hisago-hanami.jimdofree.com/

■まねき 【予約・問い合わせ先】(075-467-4520/080-6141-0556)

【公式twitter】https://twitter.com/manekityaya

■鳥おさ 【予約・問い合わせ先】(075-492-1228) 【公式HP】なし

■遊楽  【予約・問い合わせ先】(075-497-4417/080-2532-5099)

【公式face book】https://www.facebook.com/yuurakuchaya/

平野神社の珍しい桜たち

賑やかな宴会でのお花見も楽しいですが、それではもったいない!

なぜならここ平野神社には、約60種400本もの桜の木が植えられているからです。

せっかくですから、じっくり鑑賞しましょう!

平野神社の桜は『生命力を高める象徴』として平安時代から植樹され、現在に至るようです。

江戸時代には庶民に夜桜が解放され『平野の夜桜』として全国的にも桜の名所として

知られるようになりました。

また、この60種の桜のうち、10種が特に珍しい桜として、境内の看板でも紹介されています。

平野神社は何でも、臣籍降下(皇族がその身分を離れ、姓を与えられ臣籍に入ること)

した氏族の氏神でもあったそうです。その氏族たちが、『蘇り、生産繁栄』を願い

各公家伝来の桜を奉納したことが、平野神社に珍種の桜が多い理由だとされています。

 

平野神社の桜 珍種10種

■魁桜(さきがけざくら)【開花】3月28日頃

ー平野神社を代表する名桜。花は白く一重の枝垂れ。

■寝覚め桜(ねざめざくら)【開花】4月5日頃

ー平野神社を代表する名桜。花は一重で白く、葉が茂と同時に開花。

■胡蝶桜こちょうざくら)【開花】4月8日頃

ー淡紅色の大輪で、満開時にはあたかも蝶が飛んでいるよう。

■嵐山桜(らんざんざくら)【開花】4月10日頃

ー山桜系の里桜。紅白色をした五弁の一重咲き。

■虎の尾桜(とらのおざくら)【開花】4月15日頃

ー花は白色。雄しべが花弁化する珍種。

■平野妹背桜(ひらのいものせざくら)【開花】4月15日頃

ー平野神社を代表する名桜。花柄の先に小さい実が二つ付き、まるで妹背(恋人)のよう。

■御衣黄桜(ぎょいこうざくら)【開花】4月20日頃

ー花は黄緑色。花弁に、濃い緑色と紅色の線が見られる。

■松月桜(しょうげつざくら)【開花】4月20日頃

ー里桜の代表品種。花は大輪で、色は最初は薄桃色、次第に白になる。

■手弱女桜(たおやめざくら)【開花】4月20日頃

ー平野神社を代表する名桜。花は濃淡紅色。手弱女とは、「優美でしなやかな女性」という意味。

■突葉根桜(つくばねざくら)【開花】4月20日頃

ー平野神社を代表する名桜。花は小さく、花弁が62、3枚。まるで菊のような桜。

 

私が参拝した折に開花していた桜を紹介します。

ちゃんとそれぞれの桜の樹の下に、品種が書かれた看板が

ありますから、『これは何の品種?何桜?』となる心配は

ありませんよ。

大島(おおしま)開花期⇒3月下旬

大型の真っ白な花弁が凛として、とても綺麗でした。一重咲です。

日本の固有種で独特の淡い芳香がします。

よくある『桜の香り』というのは、この大島桜の香りだそうですよ!

八重紅枝垂(やえべにしだれ)開花期⇒4月中旬

ピンクの小さな花弁が可愛らしいしだれ桜。

蕾から花になるにつれ、花の色が濃紅紫色から淡紅紫色へと変化します。

色々な表情を見せて楽しませてくれます。

白雪(しらゆき)開花期⇒4月中旬

その名の通り雪のような白い花びらの一重咲き。

写真では解りにくいですが、まるい花びらが特徴的です。

東京の荒川堤由来の品種だそう。

まだ一、二輪程しか咲いていませんでした。

嵐山(らんざん)開花期⇒4月中旬

嵐山と書いて、『あらしやま』ではありません!笑

ですが、長年京都に住んでいるとそう読みたくなります。。

古代から画伯にも好まれ、襖絵にもよく見られるそうです。

寝覚め(ねざめ)開花期⇒4月中旬

魁桜(さきがけざくら)と同様、こちらも平野神社を代表する桜です。

魁がもう終わってしまっていたので、寝覚めを鑑賞できて良かったヽ(;▽;)ノ

『葉が茂ると同時に開花し、目が覚めるような風情である』

ことから名付けられた名桜です。

胡蝶(こちょう)開花期⇒4月中旬

うすべに色の大輪の花です。本当に華やかな品種です。

あたかも蝶が飛んでいるように見えることから名付けられています。

いつでも楽しめる平野神社の桜

花見シーズンに桜が楽しめるのはもちろんのこと、

シーズンではなくても平野神社ではたくさんの『桜』をみることができますよ!

その一、神紋が桜!

平野神社からもアクセスのよい神社である北野天満宮の神紋は

梅にちなんで「星梅鉢紋」ですが、こちら平野神社の神紋は『桜』

朱色の桜の神紋が境内によく映えています。

神紋と一緒に記念撮影する参拝客の姿も見られました。

灯篭にも桜の神紋。

その二、隠れた3点セット?

♥ハートを見つけましょう。待ち受け画面にすると、なにか良いことが起こりそう』

という張り紙が境内にされており、、笑

私は社務所にあったもの(釘隠しだそうです)を写真に収めました。

ちなみにこのハート模様は、『猪目(いのめ)』と言うそうで、なんと

日本で最も古い文様の一つだそうです・・!

海外製ではなかったのですね(苦笑)全く知りませんでした(^_^;)

ちなみに、『菊家紋、ハート、桜の神紋』の3点セットは、

平野神社にしかないそうですよ!!猪目は、社務所の他に神門や手水舎にも

あるそうなので、皆さんも是非探してみてくださいね。

その3、いつでも満開 桜の絵馬!

平野神社ではいつでも満開の絵馬桜が鑑賞できます(^_^)

丸いフォルムの桜色の絵馬、とっても可愛いですよ。

桜モチーフの可愛いお守りやおみくじ

桜モチーフのお守り

写真に写っているのは一部で、他にもいろいろと授与されています。

実際に参拝して是非ご覧になってください。

りすのおつげ(一体500円)

しっぽにおみくじが挟まっている何とも可愛いおみくじ。

家に持ち帰って飾るのが楽しみになります。

平野神社の御朱印

平野神社 御朱印

平野神社の御朱印です。桜開花シーズンで大変混雑していたため、

五名程で対応されてました。

私が書いていただいたのは女性の方なのですが、

流れるような優しい文字で、桜咲く平野神社らしい御朱印

嬉しくなりました(*^_^*)

まとめ

平野神社は名実共に桜の名所でした。

大勢でわいわい賑やかにお花見するもよし、一人で静かに桜を愛でるもよし。

ですが、桜開花シーズンだけでなく、神紋や絵馬、お守り・・など

いつでも桜を楽しめるのも平野神社の魅力・・!

アクセスもとてもよいので、足を運びやすいですよ。

いろんな『桜』の生命力にあやかって元気を頂ける神社です。

アクセス

正式名称 平野神社
所在地 京都市北区平野宮本町1番地
電話番号 075‐461‐4450
休日・休館 無休
参拝・受付時間 6:00~17:00(夜桜ライトアップ期間は変わります)
交通 ・市バス『衣笠校前』徒歩3分 / ・京福電鉄(嵐電)『北野白梅町駅』下車徒歩10分
駐車場 あり※桜開花シーズンは混雑・満車が予想されるため、車でのアクセスよりも他の交通機関利用がおすすめ。